読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA

役立つ情報や便利グッズをまとめて紹介

ぶきっちょママさんへ!iPhoneで赤ちゃんを撮ってプロ顔負けの写真に加工する方法

iPhoneの新機種が発売されるたびにカメラ性能が向上し、カメラど素人でも素敵な写真が撮れるようになってきている。また、写真加工アプリを使えば、ちょっとしたプロ並みの一枚に仕上げることもできる。


f:id:office-ebisu:20170309161335j:plain


七五三のような特別な日には、衣装を借りてのスタジオ撮影になるが、日常レベルならiPhoneがあれば充分。そして、ちょっと時間を割いて写真に手を加えると、写真に撮影者の心を添えることができる。


今回はiPhoneで赤ちゃんのかわいい写真を撮り、その写真をプロ顔負けの一枚に加工する方法を、わが家のチビをサンプルにしてポストしたい。


まずは、撮影の基礎をおさらいしてみる。


撮影時の6つの基礎知識

f:id:office-ebisu:20161115213355j:plain

以下の6つを知っていれば、カメラど素人でも綺麗な写真を撮影することができる。

  1. iPhoneは軽量なのでで手ブレしやすい。撮影時は両手で構え脇をしめてカメラアプリのシャッターボタンに触れる。可能ならテーブルの上に肘を置くなどしてiPhoneを固定する。
  2. iPhoneのフラッシュでは十分な明るさが全体に行き渡らないため、極力明るい環境下を見つけて撮影すること。
  3. デジタルズームは使わない。物理的な光学ズームでないため画質が落ち、また手ブレしやすくなる。
  4. 被写体を長押しすると「AE/AFロック」がオンになる。自動露出(AE)とオートフォーカス(AF)がロックされるので、露出とピントが合った状態で撮影できる。
  5. HDRをオンにしておけば、一度に3枚のシャッターを自動的に切ることができる。露出オーバー、露出アンダー、そしてその中間の露出を調整して一枚の最適な合成写真を作成してくれる。ちなみに、1回の撮影で通常の写真とHDR機能で撮られた写真の2枚がカメラロールに保存される。
  6. 写真の傾きを防ぐためグリッド表示をオンにして撮影する。グリッド線(縦横の線)があることで水平や垂直の位置を簡単に合わせることができる。ちなみに、グリッドを表示する方法は、設定→写真とカメラ→グリッドON。


お顔以外のピンポイントの写真

f:id:office-ebisu:20161115210807j:plain

赤ちゃんはどこを撮ってもかわいいが、手のひらとか足の裏をピンポイントで撮影するのも乙なもの。良い記念になる。この写真は4年ほど前の、うちのチビの手のひら。


プロ顔負けの写真に加工する方法

写真を加工するアプリはApple Storeへ行けばいくらでもあるが、その中でも「Photo Lab」は、ずば抜けてクオリティが高い。しかも操作が簡単(直観的)なのでおすすめできる。写真ど素人でも楽しみながら写真を加工できるだろう。


今回は数ある効果の中で私がお気に入りの「Phone in Hands」効果を使ってチビの写真を加工してみたい。

基本の写真

この写真はチビの生後6ヶ月のあくび顔。

f:id:office-ebisu:20161116214259j:plain

写真に効果を加える

写真に「Photo Lab」の「新写実効果」→「Phone in Hands」の効果を使って加工してみる。チビの顔の上にiPhoneを構えた女性の手。iPhoneの画面にピントの合ったチビの顔。

f:id:office-ebisu:20161116213142j:plain

写真にメッセージやサインを添える

写真にサインやメッセージを加えると、撮影者の心を添えたさらに印象的な一枚に仕上がる。ちなみに、「Photo Lab」でもサインやメッセージを入れることができるが、このアプリより「Phonto」方が、よりオシャレにテキストを加えることができる。

f:id:office-ebisu:20161116212911j:plain


【Phontoの特徴】

  • 400種類以上のフォントが利用できる
  • 文字ごとに色を変えることができる
  • 入力した文字全体を傾けることができる
  • 弧を描くように文字を入れることができる


おわりに

眠たくてあくびをしたり、お腹が減って泣いたり、「いない・いない・ばあ~」で笑ったり、生まれたばかりの赤ちゃんは顔の表情が色々あって、その全てが可愛くてしょうがないですね。

BACK TO TOP PAGE
©2015-2017 GOTCHA, All rights reserved.