読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA

Go forward without fear of change.

悩める新社会人へのアドバイス:逃げるしか選択肢のない「問題」なんてない!

人間は本来、精神的にはそんなに強くない生き物。どちらかといえば弱い部類に入る。学生時代も社会人になってからも、生きているといろんな「問題」が目の前に現れる。


人には決して口にしないが、ぼく自身、いい年していながら、できることなら目の前の解決すべき「問題」を直視せず逃げ出したいと思うことがたびたびある。(結局は逃げないが・・・)


f:id:office-ebisu:20170430233738j:plain


逃げるしか選択肢のない「問題」なんてない!

解決すべき「問題」から逃げる人は幼稚な人

社会人になると、「問題」から逃げる行為は幼稚で大人げないと見下され、あげくの果てに信頼までも失ってしまう。


大人なんだから・・・


大人なんだから・・・


とはいえ、逃げたくなる・・・

「問題」に対する考え方や捉え方を変えれば恐怖心は消える

解決すべき「問題」に対しては勇気をもって立ち向かわなければならない。問題から逃げると必ず恐怖が襲ってくる。逃げれば逃げるほど、その恐怖は大きくなって身に迫ってくる。


シェイクスピアの名言の一つに「世の中には幸福も不幸もない、ただ考え方でどうにでもなるのだ」という一節がある。


まさしく、その通りだ!!


解決すべき「問題」に直面した時に、その「問題」に対する考え方、捉え方を変えることで恐怖心そのものが消えてなくなる。社会人たるもの、逃げるより先に、考え方、捉え方を変える柔軟さが必要なのだ。

おわりに

新社会人の場合、目の前に転がっている多くの解決すべき「問題」は、単に経験値が低いためにおこる場合がほとんど。自分一人で解決できない「問題」に直面したら、先輩や上司に素直に聞けばいい。逃げるしか選択肢のない「問題」なんてないのだから。



BACK TO TOP
©2015-2017 GOTCHA, All rights reserved.