読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA

Go forward without fear of change.

『逆光』で暗く写った写真に、明るさを加えて見栄えよく加工する方法

iPhoneの無料アプリ「Snapseed」を使えば、逆光で暗く写った写真を明るく加工することができる。正直、このアプリはスタンプやフレームなどで装飾するのが好きな方には向いていない。一枚の写真を極めて高品質なものに生成したい方向けのアプリなのだ。


Snapseed」はパソコンでしか使えなかったプロレベルの写真編集ソフトの機能をスマートフォンで利用できるようにしたもの。レタッチや遠近法の調整、再編集などの操作もタップするだけで行える。


f:id:office-ebisu:20170503232332j:plain

Snapseedの操作性

人気アプリの「Snapseed」は、2015年に大幅なアップデートが行われ、UIがマテリアルデザインに変更されたが、写真の上下スワイプで加工内容を選択したり、左右スワイプで強弱調整する直感的な操作方法は変わっていない。また、新フィルターもいくつか追加されている。


ぼくがよく使う効果は「周辺減光」。この効果を使えば影の部分に明るさを加えることができる。


では、逆光で暗く写った写真に、明るさを加えて見栄えよく加工する手順を書いてみたい。ちなみにモデルは、うちのチビ。


逆光で暗くなった写真を見栄えよく加工する方法

f:id:office-ebisu:20151231163559j:plain

逆光で暗く写った写真に明るさを加えることができる。左が加工前、右が加工後の写真。

Step1 周辺減光を選択

f:id:office-ebisu:20151231165955p:plain

「周辺減光」を選択する。

Step2 円の領域を決める

f:id:office-ebisu:20151231170110p:plain
スワイプして円の領域を決め、「外側の明るさ」と「内側の明るさ」を調節する。

Step3 明るさの調整

f:id:office-ebisu:20151231170202p:plain

逆光で映された写真は「内側の明るさ」を外側よりかなり明るめにするとクールな写真に激変!

おわりに

今までなら、逆光のために暗く写ってしまった写真はゴミ箱行きだったが、「Snapseed」のおかげで日の目を見るようになったのです。



BACK TO TOP
©2015-2017 GOTCHA, All rights reserved.